蚊に刺されない方法6つの対策!10円玉が役に立つ【世界一受けたい授業】

キャンプ 生活

2021年8月14日に放送された「世界一受けたい授業」
今からできる!蚊に刺されない6つの対策が紹介されましたのでその内容を詳しく紹介します。

スポンサードリンク

蚊に刺されない6つの対策

足の裏をこまめに拭く

虫除けスプレーがないときは、足の裏を消毒用アルコールで拭くと効果があります。

足の裏には蚊を寄せつける常在菌という菌が付着しています。

アルコールで拭くことで、常在菌が一時的に減り蚊に刺されにくくなります。

こまめに靴下を履き替えることでも効果があります。

扇風機が効果的

蚊は人間が放出する熱やにおい、二酸化炭素に寄ってきます。

しかし、体重が軽いため扇風機の風で吹き飛ばれてしまい、
人間に近づくことができなくなります。

扇風機は窓を後ろに 風上に置いて首振りにします。

扇風機の前に電気蚊取り器を置けば、有効成分が部屋中に周り効果がアップします。

日焼け止めと虫除けスプレーの順番

日焼けも 虫刺されも気になる季節。
どちらを先に塗るとよいのでしょう?

虫除けスプレーは、日焼け止めを塗ったあとに使用します。

虫除けスプレーは有効成分が皮膚をしっかりと覆うことで効果を発揮します。

その上に何かを塗ってしまうと効果が弱まってしまいます。

日焼け止めを塗ってから虫よけスプレーの順です。

虫除けスプレーは、塗りのばしましょう。
吹きかけるだけではどうしてもムラができい、薬の薄いところを狙って蚊に刺されてしまいます。

ちなみに日焼け止めは上から虫除けスプレーを塗っても効果は落ちません。

明るい服を着る

蚊は見えている色が少なく、濃い色を好む傾向があります。

そのため黒色の服に近づき、白色の服には近づいてきません。

ある実験では白い服を着ている人よりも
黒い服は およそ4倍もの蚊が寄って来たとのことです。

蚊を叩くと寄ってこない

蚊は人の体臭に寄ってきます。
しかし、蚊は叩いてく人の体臭を一時的に覚えて避けるということが分かっています。

2018年ワシントン大学の研究によれば
蚊が入っている容器に人間の体臭を入れ蚊をたたく時と同じ振動を与えました。

すると蚊はたたいて来る人の体臭を一時的に覚えて避ける可能性が分かったのです。

蚊を見つけたら積極的に叩くとよいかもしれないとのこと。

家の周りに水が溜まらないようにする

どんな小さな水たまりでも蚊は水面に卵を産みボウフラがふ化します。
水が溜まった鉢植えや、空き缶などのゴミを置かないようにします。

植物の鉢植えに使用する水受けなど、
どうしても水が溜まる場所には10円玉を入れておくことで駆除できます。

10円玉を入れると銅イオンが発生し、ボウフラが成長しにくくなります。

10円玉以外にもホームセンターなどで買える銅板や銅線でもいいとのことです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました